体外衝撃波治療

当院イチオシの治療法を紹介します

体外衝撃波治療とは

衝撃波を患部に照射する整形外科では新しい治療法です。ヨーロッパを中心に普及し、足底腱膜炎や腱付着部炎などの多くの疼痛性疾患の除痛を目的とした治療に応用されています。

詳しくは日本メディカルネクスト社のHPをご参照下さい。

こんな症状の方に有効です

  • ・慢性的な痛みや難治性の痛みにより、日常生活やスポーツに支障がある方
  • ・筋・腱付着部障害による疼痛性疾患の方
  • ・難治性の足底腱膜炎の方

体外衝撃波の特徴

一回の治療は10〜15分程度です。衝撃波を与えて、痛みを感じづらくし、血流を改善して組織の修復を促進させることで痛みを和らげます。平均的に、治療効果は60~80%と報告されています。

(*衝撃波を皮膚の上から患部にあてることで、痛みを感じとる自由神経終末という部分を変性させ、痛みを伝達する物質を減少させます。また、組織を再生する物質の増加や血管の再生を促進によって、痛みを軽減します。*)

体外衝撃波の特徴

麻酔は不要で、傷跡も残りません。副作用もほとんどなく、治療後でも歩行することが可能です。

治療の流れ

1.セッティング

  照射部位により体位が異なります。

2.照射部位の特定

  圧痛点、または超音波エコーで照射部位を特定します。

3.照射開始

  低レベルの照射から開始し、反応を見ながら徐々に出力を上げます。
  目的とするショット数に達したら終了します。

4.再診

  治療が複数回に渡る場合は、一定期間の治療間隔を空けます。

トップへ戻る